くらげショップMyAQUA掲示板

MyAQUA掲示板

196135
くらげショップMyAQUAの掲示板です。
クラゲやヒドラ・プラナリアなど
生き物の話題・疑問などお寄せください。
あまりにも関係のない話題や宣伝などはご遠慮ください。
店主の判断にて削除することもあります。ご理解ください。
投稿内容を当店コンテンツに掲載する場合があります。
ご了承の上ご投稿願います
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

アンドンクラゲが・・・ 店主 URL

2020/05/28 (Thu) 06:52:16

店主です。
ここ数日の気温の上昇で、アンドンクラゲ、
毎日数個体ずつメデューサ化しています。

・・・アンドンクラゲ、飼ってみない?

ご希望の方、オマケとしてお送りしますので
ご注文のメールの際に「アンドンのメデューサほしい」と
ひとことお書き添えください。
元気そうな個体数匹みつくろってお送りします。
季節ものでもありますので、死着補償などは
ございませんのでご了承ください。

アンドンクラゲのポリプのほうも、この機会に
少し値下げいたしました。ご一緒に、ぜひ。

Re: アンドンクラゲが・・・ 店主 URL

2020/05/29 (Fri) 08:06:01

もう一種の立方クラゲ、
ツインテールことCarybdea marsupialisも
新価格でお求めやすくなっております。
こちらはクラゲ化はまだ少し先のようです。

Re: アンドンクラゲが・・・ - f

2020/06/03 (Wed) 20:28:38

アンドンのメデューサ化の季節ですね。うちのmarsupialisも先日メデューサが出ましたが…やっぱり長生きできません。専用の水槽を製作しなきゃダメかな…

例の論文が無償公開されてますので、ご参考まで。
https://www.researchgate.net/publication/233791981_Maintenance_feeding_and_growth_of_Carybdea_marsupialis_Cnidaria_Cubozoa_in_the_laboratory

あと、うちのミズクラゲの動画を公開しましたので、よければ。
https://www.nicovideo.jp/watch/sm36959269
https://www.nicovideo.jp/watch/sm36956643

Re: アンドンクラゲが・・・ 店主 URL

2020/06/05 (Fri) 08:07:58

fさま、
うちもツインテことmarsupialisのメデューサが
ちらほら出始めています。
アンドンに比べて難しいイメージ、餌は食べるのですがエダアシクラゲのように水槽の底などにくっついている
うちに弱ってしまうような。
海藻だとか魚の表皮みたいな、くっついているだけで栄養が取れるようなものに依存してるんでしょうか?
ミズクラゲ映像もありがとうございます。

『知られざる地球動物大図鑑』の英語版が無償公開されてます - f

2020/05/22 (Fri) 18:08:14

『知られざる地球動物大図鑑』の英語版電子ファイル(PDF)が著者より無償公開されてます。気に入ったら紙版を買ってね、とのことで。センモウヒラムシさんが4ページにわたって載ってる本はこれだけかと思います。逆に脊椎動物門は14ページしかページが割かれてません。写真だけ見てても楽しいので、おすすめです。

https://www.rosspiper.net/animal-earth-book-launch/

Re: 『知られざる地球動物大図鑑』の英語版が無償公開されてます 店主 URL

2020/05/25 (Mon) 07:26:08

fさま、
見ました、センモウヒラムシ!
クシクラゲ類と刺胞動物の間、というのが
見た目でなく、分子的な類縁関係での順序なのですね。
昔の馴染んだ図鑑では最初のほうが原始的で、
「下等」な海綿からはじまって、最後のほうが
ホヤ、ナメクジウオなど原索動物、脊椎動物と
「高等なほう」に並んでいるのがまあ納得が
いかないながらも、妥当なんだろうなと
思っていましたが。

・・・脊椎動物門は14ページしか・・・

ふふふ。こちらもこの本では、比較的頭のほうですね。
本屋さんにいってもほとんどのジャンルの主役が
脊椎動物の一種に偏っているので、こういう本が
あってもいいのです。

ミズクラゲの放精 - f

2020/05/19 (Tue) 18:41:52

たなかさまの書き込みで放精を観察されたとのことで、長年の謎がとけました。時々、水中に綿埃のようなものが発生するので、ずっと何だろうと頭をひねっていたのですが。これが放精でした。顕微鏡で40倍の対物レンズで観察するとそのものずばりの精子を観察することができました。写真を示しました。右下の写真のように、メデューサの触手に白いものがついてるので「触手が古くなってちぎれたのかなー」とか思ってたのですが…

Re: ミズクラゲの放精 - たなか

2020/05/19 (Tue) 20:05:35

fさま
こんにちは、
そうそう、こういうのです。私も顕微鏡で確認しました。

fさまは単独で泳いでいる精子は見えましたでしょうか?当方の場合は、単独で泳ぎまわる精子は一つもなく、ゆらゆら動いているものの、みんな尾部同士がくっつきあっていたり、スライドグラスに貼りついたりしているようでした。

もしかすると、固まりで放精された後、それをメスが餌と一緒に体内に取り込むのではないでしょうか。胃腔で精子同士を固めている糊のようなものが消化されると、精子は元気に泳ぎ回って近くにある?卵と受精するとか...。

未受精卵が保育嚢で受精するのか(体外受精)、メスの体内で受精するのか(体内受精)わかっていないと聞いたことがあります。

Re: ミズクラゲの放精 店主 URL

2020/05/20 (Wed) 08:12:56

fさま、
すごいすごい、まさに精子ですね。
もっと拡散して海水中に偏在するのを
イメージしていたのですが、カタマリになるのですね。

たなか様のおっしゃるとおり、雌に捕食されて
消化されたのちに受精が起こるという予想、
店主もちょっと心当たりがあります。

大昔ですが、海で採取した雌個体の胃腔から、
ピペットでプラヌラのつもりで採取して持ち帰ったが
実は未発生の卵で家に帰った2~3時間後ぐらいに
卵割が始まって結局プラヌラになった、という
経験があります。

いままでずっと、海水の中に精子が漂っていて、
と思ってたんですが捕食された精子塊を
いっしょに持ちかえったなら、このタイミングに
はじめて納得がいきます。

写真はその時のもの。

Re: ミズクラゲの放精 - f

2020/05/20 (Wed) 12:38:39

店主さま、たなかさま、コメントありがとうございます。

昨日に続いて今朝も、うちのメデューサは放精してました。光の刺激で放精するらしいので、今まで休日にしか気づかなかっただけで、結構ひんぱんに放精してるのかもです。

単独で泳いでいる精子はあまりいません。添付の写真のように糸くずのようにまとまっています。茶色いのは珪藻です(まんなかへんにアメーバがいます)。これは4/18に撮影した写真ですね。面倒だったのでiPhoneで顕微鏡の接眼レンズ経由で撮影したものです。

下記の文献1,2に放精・受精の記載がありますが、固まりで放精されるという記載はこれを含めてどこでも見かけた記憶がありません。確かに胃腔経由で精子が保育嚢に届くとは書いてありますが。
魚やウニの受精の先入観で、体外受精の場合は精子が泳ぐというイメージでしたが、クラゲのエサはある程度の大きさが必要なことからも、ある程度の精子のカタマリを作って精子を受け渡しているというご指摘は合理的なのかもしれません。イカの精莢のような例もあることですし…

1)『海のUFOクラゲ 発生・生体・対策』,安田徹,恒星社厚生閣
2)『海産無脊椎動物の発生実験 (現代発生生物学シリーズ3)』,石川 優・沼宮内 隆晴,培風館

Re: ミズクラゲの放精 - f

2020/05/20 (Wed) 18:14:53

下記の本の29pに「オスが精子の糸を出し」と記載されていますね。既知の現象ではあるようですが、私は見落としてました。

『最新 クラゲ図鑑: 110種のクラゲの不思議な生態』,三宅 裕志ほか,誠文堂新光社

Re: ミズクラゲの放精 - たなか

2020/05/20 (Wed) 19:26:26

fさま、店主さま
精子が束になって糸状になっていますね。
こういうのは当方ではまだ見たことがありません。

上の方に「体内受精か体外受精かわかっていない」と書きましたが、かなり昔から、体内受精と考えられているようです。不勉強ですみません。

Re: ミズクラゲの放精 - f

2020/05/22 (Fri) 18:06:31

下記の29:53あたりにミズクラゲの精子の顕微鏡動画が出てきます。

ムーン・ジェリー ミズクラゲのライフサイクル
http://www.kagakueizo.org/movie/animal/104/

ミズクラゲのポリプの様子がおかしいです - 学生七〇番

2020/05/14 (Thu) 10:27:20

こんにちは。3ヶ月前にMyAQUA様からミズクラゲのポリプを購入させていただいたものです。研究用で購入したポリプでしたが、今回の緊急事態宣言で自宅に持ち帰り、ポリプの飼育を行なっております。
早速本題ですが、ポリプの様子がおかしい状況にあります。自宅飼育に切り替えてからシャーレに茶褐色の藻類が増え始め、2日前5/12にポリプを剥がし別の容器に入れ、シャーレを洗浄して再び飼育していました。また同じ日に給餌~掃除~換水まで行っております。本日5/14朝シャーレを確認したところ、シャーレひとつ分約50個体の触手が見えず、粒になりシャーレ内に漂ってしまいました。粒の形はまちまちで2日前の給餌の影響か、体色はオレンジ色です。また海水は異臭があり、うっすら白く濁っていました。現在は、形がしっかりしている個体を別容器に移し、オレンジ色の粒々となったものと隔離しております。また換水も行いました。他シャーレの個体も触手を縮めあまり元気がない様子に見えます。
原因や改善に向けて何かご助言ございましたら、お教えいただけますと幸いでございます。MyAQUAから購入した大切な生き物でしたのに、可哀想な目にあわせて大変申し訳ございません。ご返答なほどお待ちしております。

使用しているもの
・ガラスシャーレ蓋付き
・テトラアクアマリンソルトプロ
・テトラコントラコロライン+
・テトラブラインシュリンプエッグス

水温は22度~28度です。

Re: ミズクラゲのポリプの様子がおかしいです - 店主

2020/05/14 (Thu) 12:53:52

学生七〇番様
心配です。

そのような症状、シャーレでは蓋を忘れて海水が
蒸発して極端に濃くなった時によくおこります。
給餌を止めて頻繁に換水する事で復活する
個体もいます。
他に溶かしたばかりの人工海水や溶け残りの
沈殿が原因になることがあります。
あとは家庭では殺虫剤や蚊取り線香など。



ミズクラゲのポリプの場合茶色の藻類は
それほど問題にならないので明るすぎない場所に
シャーレを置いて、あまりひどくなったら引っ越しする
位でいいはずです。

まずは原因を推定して取り除いてください。
送料のみで生体再送する再チャレンジプログラムなども
お気軽にお申し付けください。

失敗があるから面白いのが生き物です。
どうか気楽に付き合ってあげてください。

Re: Re: ミズクラゲのポリプの様子がおかしいです - 学生七〇番

2020/05/14 (Thu) 13:59:25


店主様

早速のご返信ありがとうございます。塩分濃度の方に心当たりはなかったのですが、ここ数日前から自宅で蚊駆除の噴霧剤を使用していました。思えば元気がなくなってたのもこの頃からです。噴霧剤を吹いてない部屋に移動させてこまめに換水してみます。よりよい飼育環境を構築するため他にも色々改良を加えてみようと思います。ご助言いただきありがとうございます。

Re: ミズクラゲのポリプの様子がおかしいです 店主 URL

2020/05/15 (Fri) 08:05:45

学生七〇番さま、

それは災難でした、もし復活できなかったり
追加の個体が必要になるようでしたらどうか
ご相談ください。

しかし殺虫剤が原因ならばこれはこれで貴重な情報です。

いわゆる虫よけみたいなものも含めてほとんどの薬剤が、
「温血動物以外には全部効く」
なので同じ部屋で使ったりすることはあきらめて
いるのですが、
どうしても使いたい衣類の防虫剤とか、玄関に置く
虫よけハーブとか、どの程度なら大丈夫なのか
いつも心配です。

衛生害虫のなかで「大物」は食べさせるタイプの
毒とか粘着シートのトラップで対処できますが、
蚊は困りますよね。

皆様夏場の虫対策、どうしていらっしゃいますでしょうか、
コレはダメだったとか、アレ使ってるけどここまでなら
大丈夫だったとか、経験談をお寄せいただけたら幸いです。

ミズクラゲ成体の形について - たなか

2020/05/05 (Tue) 16:22:04

こんにちは、
大学で研究+愛玩用にMyAQUAさんから購入したミズクラゲを飼っています。できれば大きくしたいと思い、11月に遊離したエフィラをせっせと世話して、20cmに達したかどうか、というころまで成長しました。白い生殖巣が見え始め、口腕を通して放精も始まりました(餌とは違うところを白い塊が流れていきます)。
ところでこのクラゲたちの形態が、傘が全開の状態でも写真のようにお椀型なのですが、これは正常でしょうか?水族館や海で見かけるミズクラゲは、もっと大きくても開いた円盤に近い形をしています。また、このクラゲたちも10cm以下の時は開いた形をしていました。
こういう形態の系統?
水質が関係ある?
十分に成熟するとこういう形になる?
栄養失調?
など、ご存知の方がいらっしゃいましたら教えて頂けませんでしょうか。

Re: ミズクラゲ成体の形について - たなか

2020/05/06 (Wed) 23:41:16

店主様
コメントありがとうございます。ここまで育てられたのは今回が初めてです。
今は大学も研究活動が制限されているのですが、生物の世話をすることは認められており、クラゲの成長を見るのが一番の楽しみです。
たぶん系統の違いと、飼育条件の違いの両方があると思います。地元、北海道で採ったプラヌラからのポリプとMyAQUAさんのポリプでは、同じ飼育温度(25℃)でもMyAQUAさんのポリプの方がよく増えます(北海道産ポリプに25℃は高すぎですね)。一方、地元で採ったエフィラを上のクラゲと同じ環境で育てたことがあるのですが、口腕はやはり細長かったです。

Re: ミズクラゲ成体の形について - f

2020/05/07 (Thu) 08:02:34

うちのは今、傘径17cmくらいですね。60cm水槽、水温21℃で、12個体くらいです。水槽クーラーが非力なんで、室温との温度差4度くらいが限界です。17℃はうらやましい…

大阪湾で見かけるミズクラゲも傘が厚いので、種類のほかに店主様がおっしゃるように栄養の問題もあるのかも。ただ飼育下での給餌は量・頻度・種類とも限界があるし…悩ましいです。

Re: ミズクラゲ成体の形について 店主 URL

2020/05/08 (Fri) 08:15:40

たなか様、
オス個体はもともと口腕がリボン状ですが
水流が弱いと長く伸びるとも言われますね。
ご飯はブラインシュリンプだけでしょうか?

傘が薄いf様のミズクラゲも美しいですね。


傘の厚さは水温たしかに関係があるのかも
しれませんね。そういえば、夏場の愛知のミズクラゲって、
どうだったかな。



Re: ミズクラゲ成体の形について - たなか

2020/05/08 (Fri) 09:19:06

店主様、
当方の60cm水槽の水流は強すぎるくらいだと思います。初めのころ、入れたクラゲが徐々に縮んでしまい、ろ過装置にバイパスを付けて水流を弱めてやると、回復して成長しました。
餌はブラインシュリンプのみですが、最近はほんの少しだけ、シオミズツボワムシを混ぜています。ワムシは、ポリプに与えると食べる動作をしますので、成体も食べているのではないかと思います。
添付の写真は(監視カメラの画像なので見にくいですが)10cm以下の個体を入れている水槽です。小さいころからすでに口腕は長いです。また、上の方に傘のふちが傷ついて(?)白くなった個体がいますが、この白くなった部分を切り取ってシャーレに入れて置くと、なんと、ポリプになるんです。

Re: ミズクラゲ成体の形について 店主 URL

2020/05/11 (Mon) 08:10:12

たなかさま、

飼育情報ありがとうございます。

その上さらに、さらっとすごい情報を
頂いちゃっていますが・・・

これって、近年観察されたミズクラゲのいわゆる
「若返り」が、うちのクローンでも再現されたという
ことでしょうか!
もしかしてこの若返り、条件さえ合えばどんなクラゲでも
持っている能力だったりするのでしょうか。
まだまだクラゲって未開拓なのですね。


Re: ミズクラゲ成体の形について - たなか

2020/05/11 (Mon) 18:59:39

店主様
はい、https://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0145314
にHe, J.らが報告したミズクラゲの若返りと同様だと思います。

当方では、傘のふちに白かブラインシュリンプの色をした潰瘍または腫瘤のようなものが出来、そのままにしておくと傘がだんだん小さくなって口腕も取れ、水槽の底に沈んでついには潰瘍だけになってしまいます。さらに経過すると、潰瘍?に触手が出来て完全なポリプになります。そのため、当方のクラゲの飼育水槽の底にはポリプが生えています。

また、クラゲを麻酔して傘のふちの潰瘍の部分と正常な部分をカミソリで切り取って、シャーレの海水に入れて25℃に置いておくと、1か月でどちらもポリプになりました(正常組織よりも、潰瘍の方が早くポリプになりました)。触手のようなものが見え始めると短期間で見慣れたポリプの形に変化しました。

若返りでできたポリプは普通に増殖し、温度を下げるとストロビレーションして、ちゃんとエフィラも遊離しました。そのエフィラが正常に成体に育ったかどうかは確認していません。普通のエフィラと混ぜてしまったので...。

添付写真は潰瘍のできたクラゲです。メントールで麻酔されて弛緩しているのもありますが、やはり口腕は長いですね(普段はカールして傘の下に収まっています)。今日潰瘍を切除して水槽に戻したので、きれいな傘に再生して大きく育ってくれるといいなと思います。

Re: ミズクラゲ成体の形について 店主 URL

2020/05/12 (Tue) 08:17:23

たなか様、ありがとうございます。

そうです、この論文。
ヒドロ虫のメデューサでは、店主も
小さくなってカタマリになった後もちょっとだけ
様子見るとかしていますが、まさかミズクラゲでも
観察できるとは。

ところでこれって、プラナリアが再生用の
全能性のある細胞を15%ぐらい全身にキープして
いるのと同じように、メデューサにもそういった
細胞があった、ということなんでしょうか、
それともほんとにいったん分化した細胞が戻っているのでしょうか。

不勉強ですみません。

Re: ミズクラゲ成体の形について - たなか

2020/05/12 (Tue) 12:48:24

店主様
全能性の細胞があるのでしょうかね?私にはわかりません。
腫瘤ができるのはほとんどが傘のふちで、たまに胃腔内にできます。口腕にはなぜか全くできません。

また、キタユウレイクラゲやヤナギクラゲから、同じようにしてポリプが得られないかと思い、触手や傘のふちを刻んで置いておきましたが、ポリプになることはありませんでした。

Re: ミズクラゲ成体の形について 店主 URL

2020/05/13 (Wed) 08:19:34

たなか様。

未分化のままの細胞が残るならばエフィラからも
ポリプ化しそうですね。
ポリプ化が起こるクラゲの生態とか系統に、
なにか共通点があるのかも謎ですね。
まさか、と思いますが、生活環にポリプを持たないといわれる
オキクラゲなんかも切り刻むとポリプが出てきたりして・・・

Re: ミズクラゲ成体の形について - たなか

2020/05/13 (Wed) 20:36:45

店主様
これまでのところ、若返りが確認できたのは、MyAQUAクローンのミズクラゲだけです。給餌や水替えの時、一個体ずつレードルですくって別の容器に移すのですが、その時傘のふちが傷ついて腫瘤ができる原因になっているかもしれません。しかし、同じように扱った海で採ってきたエフィラを成長させた成体には、腫瘤が出来なかったと記憶していますので、系統にもよるのかもしれません。

今後、野生のミズクラゲや他種のクラゲが得られたら、破片がポリプにならないかどうか検討してみます。
確かに、この方法でオキクラゲやカミクラゲのポリプが得られたりしたら大変ですね。

タコクラゲポリプを飼育してみたいです - AK

2020/01/24 (Fri) 22:21:14

初めまして
現在サンゴを60cm水槽で育てていたのですが、セイタカイソギンチャクと種類はわかりませんがヒトデがどこから混入して爆発的に増殖してしまいました。その増殖が面白くてサンゴどころではなくなったので一度リセットをして、今度は爆発的増殖をするクラゲポリプを飼育してみたいと思いました。
そこで質問なのですが、クラゲのポリプの飼育は難しいでしょうか?それと60cm水槽でもクラゲのポリプは飼えて増殖を楽しむことはできますか?
あわよくばタコクラゲが泳いでいる姿を自宅で見たいです!

Re: タコクラゲポリプを飼育してみたいです 店主 URL

2020/01/25 (Sat) 10:41:38

AK様。

クラゲのポリプの飼育は一般的に言えば簡単です。
ミズクラゲやエイレネクラゲ、サカサクラゲのポリプは
きわめて簡単に飼えます。
タコクラゲのポリプは中ぐらいの難易度というところでしょうか。水質の急変にちょっと弱いのと、
ポリプもプラヌロイドも小さいので扱いがちょっと
他のポリプとは違います。手前みそですが、コーヒー瓶を利用した
当店のポリプ育成水槽との相性のいいポリプです。

60cm水槽での飼育は・・・飼えば飼えるのでしょうが、
あまりお勧めはできません。個体数が少ない初期は
どこにいるのかわからなくて、適当な給餌もできませんし、
増えたら増えたで一斉に育てきれない量をエフィラを出してきます。
産卵箱やサテライト水槽など「水槽イン水槽」で
小さく飼う方法も考えられますが、必ず逃げ出して
水槽内にはびこるともうリセットしかなくなります。

難しいかも、と尻込みはせず、まずは飼ってみることを
お勧めいたします。クラゲってそういう生き物です。

ところで、ヒトデって、小さくて白くて6腕の、
カワリイトマキヒトデ、ではありませんか?
店主あれ好きなんです。こちらは60センチ水槽ぐらいの、
安定した環境で増えるようですね。
小さい環境だと難しいようです・・・・






Re: Re: タコクラゲポリプを飼育してみたいです - AK

2020/01/25 (Sat) 16:16:29

返信ありがとうございます!
なるほど、水槽が大きすぎると逆に色々不都合なこともあるんですね!確かにイソギンチャクが出てきた時点でもうリセットするしかないほど手がつけられないですもんね…
扱いやすい小さなシャーレや虫かごみたいな手頃な容器で楽しみたいと思います!
ポリプ育成用水槽拝見させていただきました!瓶は適当なものを使えばちょうど材料はあるので見様見真似で作ってみたいと思います!
それと、タコクラゲのエフェラの育て方はミズクラゲのページを参考にしてもいいのでしょうか??ちょうど昨日あたりに実験系のYouTuberさんがミズクラゲの水槽を作っているところを見てエフェラの方も飼ってみたくなりました!
ミズクラゲもサカサクラゲも飼いやすそうですし、エイレネクラゲはとても綺麗でどれも一度は飼ってみたいです!

カワリイトマキヒトデの画像調べてみたらまさにこいつでした!
千切れて増えてるようなので腕の本数は2~6本とバラバラですが、見た目は完全に画像通りでした!

Re: タコクラゲポリプを飼育してみたいです - 店主

2020/01/27 (Mon) 09:04:21

タコクラゲのエフィラは見た目はミズクラゲとほぼ同じで、ほんの少し小さいぐらい。

最初にブラインシュリンプを確実に食べさせる「お食い初め」イベントをクリアできれば次は適度な光が重要で、ここからミズクラゲとは別のゲームになります。

かなり小さい段階であのタコクラゲスタイルになるのは見ものです。

カワリイトマキヒトデ、主に分裂して増えるのでそんな感じの腕数になるのですね。是非タコクラゲポリプとあわせて小さな水槽での飼育にチャレンジしてみて下さい。
意外にクラゲと相性がいいかも。

無題 カッパ

2019/12/04 (Wed) 23:25:23

先日、ミズクラゲのエフィラを注文させていただいたのですが、メールは無事に届いていますか?
届いているか不安になり、メールさせて頂きました。

Re: 無題 店主 URL

2019/12/05 (Thu) 06:42:14

カッパ様。
ご心配おかけしてすみません。
12/01 13:12にメールをいただきまして、
12/02 07:15に返信しております。
念のためもう一度お送りいたしました。
今度はとどいていますでしょうか?
迷惑メールフォルダなどに入っている場合が
ございます。あわせて確認をお願いします。
当店のアドレス、myaqua.jpが「新しい」ために
実績がなく迷惑メールに振り分けられる場合が
あるようです。お手数をおかけいたしますが、
よろしくお願いいたします。

Re: 無題 カッパ

2019/12/05 (Thu) 17:17:13

すみません!!確認不足でした・・・。迷惑メールの方に振り分けられていました。

丁寧なお答え、ありがとうございます!ストロビレーションにちょうどいい温度になる場所を探しながら、ポリプとのつきあいを楽しんでいきます。
メテフィラが届くの、楽しみに待っています!

Re: 無題 店主 URL

2019/12/06 (Fri) 07:03:43

カッパ様、
無事メール届いていてなによりです。
メテフィラ・・・は在庫なくてすみません、
今年もエフィラでお送りします。
お楽しみいただければ幸いです。

Re: 無題 カッパ

2019/12/06 (Fri) 07:27:44

間違えました。すみませんッッ!

Re: 無題 カッパ

2019/12/06 (Fri) 07:30:02

メテフィラでなく、エフィらでした。

新商品? - SK

2019/11/24 (Sun) 09:37:06

店主様にご報告があってサイトを覗いてみたら、キタユウレイクラゲのページが新たにできてる?
もしくは以前からあったけど私が見逃していただけかも…
本当にエフィラがそのまま大きくなったような面白い形ですね。
ちょっと怖いポリプ(低温厳守なので引っ越しや停電時どうしようとか、刺されたらどうしようとか…)ですが、満を持して購入決意した際はよろしくお願いいたします。

そして、以前お騒がせしたポリプ全滅の件ですが、自分の中で有力な説を見つけました。
それは、pHです。
せっかく安定して増えていたポリプたちですが、シャーレ内全換水レベルで水を変えたら、また全ポリプが一斉に触手を縮めて丸まってしまいました。
海水濃度もほぼ同じなのにどうして?と思ったときふとpHが原因ではないかと思い試験紙で調べてみたら、pH6.4以下でした(以下、というのはその試験紙で測れる範囲を酸性側に超えていたということです)
その海水の原材料である我が家の水道水も同様の酸性水質でした。
同じ試験紙でポリプ郵送時の店主様宅の海水を調べてみたら、pH7.2付近の弱アルカリ。
まあその商品は実際のpHより少なめに出るらしいので数値は当てにならないですが…少なくとも我が家の海水が店主様宅より大幅に酸性になっていることは間違いありません。

シャーレ内にはサンゴ砂があって水は弱アルカリなので、少しの換水なら多少酸性水が入っても打ち消されてくれますが、全換水ではポリプはしばらく酸性にさらされる事になってしまいます。
これがダメージを与えてしまったのでは…と推理いたします。
というわけで、作り置き飼育水の容器にもサンゴ砂をいれて数日待ち、中が弱アルカリになったのを確認して水換えに使うことで、換水後も問題なく触手を伸ばしてくれることを確認しました。
サカサポリプ2匹のうち片方は、処置が遅れたせいで溶けてしまいそうですが…

ちなみに、以前他県に住んでいた頃はこのようなトラブルはなかったのですが水道水の水質はどうだったのだろう?と気になりましたが、以前お話したとおり昔は淡水魚水槽の飼育水をクラゲ用に流用しており、その水槽の底床には水を弱アルカリに傾ける大磯砂を使っていました。
なので、水道水の水質に関わらず適度に弱アルカリになってからクラゲに投入されていたことでpH面ではノートラブルだった…と解釈しています。

水道水が酸性寄りの地域にお住まいの方は、気をつけたほうが良いかもしれません。

Re: 新商品? - f

2019/11/24 (Sun) 10:36:10

横から失礼します。fです。水道水のpHが原因ですか。それは恐ろしい。いちいちpH測ったりしませんからねぇ。海水だとアルカリ側になってるはずなので酸性だと、かなりまずいです。

水道水のように混在物の少ない溶液のpHは正確に測るのが難しいのですが、試験紙で酸性側と表示されるくらいだと、はっきりと酸性になっているはずです。

水道水の水質基準としては5.8~8.6で合格なのですが、日本の水道水で酸性側に振れるのはかなりレアケースだと思います。

例えば下記に東京のデータがありますが、7.4~7.6でコントロールされています。
https://www.waterworks.metro.tokyo.jp/suigen/kekka/pdf/s_kekka27-data/k042-4.pdf

お住まいの水道局のホームページにたぶん水質データは公表されていますので、webで確認してみてはいかがでしょうか?公表されている水質データに異常がないなら、直接、水道局に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

マンションなど集合住宅の場合は、受水槽などの設備のトラブルもありえますが。

p.s. キタユウレイクラゲ、私も最近新ページに気づいてワクワクしてました。家に冷蔵ショーケースは確保してあるので飼えないこともないのですが…

Re: 新商品? - f

2019/11/24 (Sun) 11:09:45

補足です。四国中央市土居地区で、原水が肥料由来の硝酸態窒素で汚染されているため、pHが低い例が出てますね。

https://www.city.shikokuchuo.ehime.jp/soshikikara/suidoukyoku/sds/somu/oishiimizu.html
https://www.city.shikokuchuo.ehime.jp/soshikikara/suidoukyoku/sds/somu/svision.files/2svision5.pdf

ただ、上記は2013年の記事で、下記の2018年のデータだと正常になってました。
https://www.city.shikokuchuo.ehime.jp/soshikikara/suidoukyoku/kss/suisitu.files/201810doi.pdf

Re: 新商品? 店主 URL

2019/11/24 (Sun) 13:46:31

SKさま、fさま、
そうです。キタユウレイクラゲのページ公開しました。
ポリプ自体は以前から販売してたのですがこの夏に(!)冷蔵庫でエフィラ出てしまったのを機会にページ追加しました。

SKさまのポリプ飼育水の件大変興味深く拝見しています。
人工海水によってはpHの緩衝作用を謳っている商品もあって、溶かした後で弱酸性になってしまう場合があるとは考えていませんでした。
確かにこのばあいは淡水魚の水槽からとった水のほうがクラゲにあっていた可能性がありますね。

ついでに、大磯砂、についてうろ覚えで補足を。
本物の、神奈川県大磯の砂浜で採取できていた(いまは確か採取禁止)「大磯砂」は見た目も真っ黒で、淡水水槽で使うとpHが下がります。
最近売られている新品の「大磯砂」または「南国砂」はだいたい海外産で、貝殻がかなり含まれているために新品のうちはpHが弱アルカリ性まで上がった状態で安定し、半年~一年で貝殻の炭酸カルシウムが溶け切ったところでpHが下がり始めるという特性があります。淡水の水槽では水質を弱アルカリにするほうは簡単で、ほんの少しのサンゴ砂や貝殻をろ材や砂に混ぜるだけなのですが逆に弱酸性を維持するのは難しくて「古い水」を作るために水槽の水換えをこまめにする、などという矛盾した作業が必要だったりします。

Re: 新商品? - SK

2019/11/24 (Sun) 15:43:43

>店主様、f様

水道局のデータによると私の地域の水はpH7.6程度でしっかり弱アルカリ性なんですよね…
こちら古いアパートなので、水道局側では問題は無くてもっと末端側が原因な感じもします。

同じ試験紙で店主様の海水と我が家の海水で計測した結果が見事にpH7以上、以下で分かれておりましたので、試験紙の精度の悪さを考慮すると本当に水道水が『酸性』といえるレベルに至っていたとするのは早計ですが、少なくとも相対的に酸性寄りの水質だったのは間違いないでしょう。
サンゴ砂を入れてしばらく待てば、試験紙で確認できるレベルではほぼ店主様の海水と同等のpHになります。

試験紙よりももっと精度の高い試薬で評価してみようか、とも考えましたが、とりあえずはポリプの回復に成功したので一旦はここまででいいかな…という感じです。
(まあ、サカサクラゲはひょっとするとだめかもしれませんが…ポリプ瓶のどこかにかつて投入したプラヌロイドの生き残りがいることを期待して水を飼うことにします)

ポリプの元気がない - SK

2019/10/28 (Mon) 22:55:42

数年ぶりにクラゲポリプ飼育を再開いたしました。
以前飼っていたときはじゃんじゃん増えて植え継ぎボトルの置き場に困るくらいだったので余裕だろう…などと油断しまくっていたのですが、何かがおかしいです。
シャーレに移して約30時間ほど経過しましたが、全ポリプが触手を一切伸ばさず縮こまっています。
ミズタコサカサエイレネの4種の、全個体がです。
溶けて無くなってはおらず一応形を留めているので今の所死んではいないと思うのですが、触手は全く見当たらないです。(ミズクラゲは大きいのでかろうじて毛というよりはギザギザのような形で触手の原型が見える)

試しにエイレネに数匹ブラインを与えてみた所、ストロンのもじゃもじゃに突入したブラインは、そのまま邪魔そうに絡まりながらもポリプの塊の中をピコピコ泳ぎ続け、いずれは脱出して元気に泳いでいます。
(ブライン3匹いれて2時間後に3匹とも生存していたので水換えついでにみんな取り除きました。)
サカサクラゲのプラヌロイドも、届いた当初は元気に泳いでいたのに今では全てのプラヌロイドが底に沈んで微動だにしません。スポイトで軽く吹くとゴミのようにフワ~っと浮いてそのまま沈みます。

ここまで皆が一様に調子が悪いと、なにか致命的な間違いを犯しているのでは…と心配なのですが、どうすればいいでしょうか?

水温25℃、比重は比重計での測定はしていませんが1.022程度になるように電子はかりで人工海水の素を計って入れています。
液体タイプのカルキ抜きで塩素中和しています。

Re: ポリプの元気がない 店主 URL

2019/10/29 (Tue) 07:11:37

SK様。

心配です。ただ溶けていないようならば、そのまま
復活しそうですけれど。海水が変わった直後は
無理して餌を食べさせないほうがいいかもしれません。

原因は海水にありそうですが、使用している銘柄は
いままで使っていたものでしょうか?

最近の商品で人気の汽水フグなどをターゲットにした
小分けした人工海水がどうもクラゲに合わないという
状況を時々聞いています。
またクラゲに適した海水でも古くなったものや
水に溶かした直後のものは粉末のような沈殿が
出ていて、これが飼育水に入るとポリプは
弱ったり、悪い時には溶けてしまうことがあります。

極端な例ですが、引っ越した先の水道があわなくて、
スーパーマーケットの浄水サービスを利用したら
エフィラが育つようになった、というハナシも
聞いています。

どちらにしても、アクアリストの立場としては
海水の銘柄(天然海水派も含めて)も水道水の扱いも
どうしても先入観アリの評価になってしまいます。
そんなわけでこれはお勧め、これはダメ、という
レッテルを信じたり発信しないように気を付けて
いるのです。

Re: ポリプの元気がない - SK

2019/10/29 (Tue) 07:25:54

店主様
ご回答ありがとうございます。

使っている人工海水はテトラ マリンソルトプロです。
以前は別のもの(シーライフだったかな…)を使っていたのですが近所に売っているのがこれしかなかったので…
前回の飼育時からそうですが、人工海水を作る際は混ぜてから一日放置し、ペットボトルをひっくり返してもなんの沈殿もない透き通った水になってから使っています。

心当たりを強いてあげるとすれば、カルキ抜きですかね…
以前は淡水魚を飼育していたので、良いのか悪いのかはわかりませんが淡水魚水槽から水を抜き取って、それに人工海水の素を入れてクラゲ飼育水を作っていました。
当然カルキの含まれない水なので、カルキ抜きは使ったことがありません。
今回の環境では他の水槽はないので、ペットボトルの水道水に直接カルキ抜きを入れています。
20Lあたり4mL、という分量なので2Lには0.4mL…ですが余裕を持って1mLいれたのがまずかったのか…

ブラインの孵化率もかなり悪いので、飼育水を疑っていろいろ調べてみます。
ブラインについては私が横着して皿式孵化だからなだけかもしれませんが。

Re: ポリプの元気がない - 店主

2019/10/29 (Tue) 09:19:49

SK様、
主成分チオ硫酸ナトリウムの塩素中和剤は倍程度では目立った害はないはずですが、塩素を除く目的ならばもっと少量で充分に処理されるはずなんです。化学式で正しく計算するとあまりにも微量ですむことに驚きます。店主はバケガク苦手なのでここで披露できませんけれど。

ただしいれ忘れはダメ、汲み置きもブクブクなしで紫外線にも当てていない水道水は信用するべきではありません。浄水器を通してあっても。つねに規定の半分いれる、いれ忘れた気がしたら迷わずもう一度入れる、が店主の安全策です。

淡水水槽の飼育水は、クラゲに使うのは避けるのが無難です。特にメデューサでは窒素、リンを含むいわゆるこなれた水が苦手で、逆に魚類だと病気がでそうなサラ水が大好きです。

海水の濃さは、かなりいい加減でもいいのですが急変はやはり不味いので、最初だけ徐々に入れ替えが無難ですね。

Re: ポリプの元気がない - SK

2019/10/29 (Tue) 18:13:09

店主様

只今確認してみたところ、昨日はかろうじて触手の跡のような物が見えていたミズクラゲポリプは、完全に丸いただの粒にまで縮んでしまいました。
個体によっては若干溶けているっぽく見えます。
サカサクラゲは一匹消滅、タコクラゲはもともと小さくて見えてないだけなのかもしれませんが全滅しました。

素人判断なのですが、おそらくこのまま全種全滅でしょう。
いずれ再チャレンジはしたいと考えておりますが、原因が全く不明な現状ではどこをどう改善すればよいのかわからず同じ悲劇の二の舞になりそうです。
過去の飼育経験があるだけに、あの生命力の強いポリプですらこんなになってしまうくらい、今の環境は"何か"(水道水の水質?)が絶望的に悪いのではないかと考えてしまいます。


完全に希望が絶たれるまでは水換えを怠らず、悪あがきしてみようと思います
(海水は新たに作り直しました)
改善、もしくは全滅ののち再チャレンジの決意が出ましたらまたメールいたします。
ありがとうございました。

Re: ポリプの元気がない 店主 URL

2019/10/30 (Wed) 08:10:38

SK様

海水が合わない状態ならばどんどん取り換えて
ください。餌は与えず。

経験則ですが、海水つかう直前にひっくり返して
沈殿を確認するより、「デキャンタ」して上澄みを
つかったほうが安全な場合があります。
水温によって気づかないサイズの析出が起こっている
ことがあるので。

飼育海水は捨てないで、それぞれ別容器に保存できたら
しておいてください。溶けたと思っていると
微細なプラヌロイドを作っていることがけっこう
あります。

25度ということは、保温していますか?
この時期だとあまりないですが、輸送などで
冷えた状態から温度を急に上げるとサカサクラゲ、
タコクラゲなどのポリプはよく溶けます。

また保温を始めると水分の蒸発が早くなるので、
蓋をしないシャーレでは一夜にして海水が「濃すぎる」
状態になり上部なポリプでも調子を崩したり、
溶けたりします(ミズクラゲポリプの症状がこれに似ています)

再チャレンジはいつでもお待ちしております。
原因をつかむためにもなんとか持ち直せるように
お祈りしています。


Re: ポリプの元気がない - SK

2019/10/30 (Wed) 19:33:05

店主様

アドバイスありがとうございます。
急激な温度変動、蒸発による海水濃度の上昇、どちらもしっかりと気を遣って、数時間かけて室温に慣らしたり蓋をしっかり締めたりしていました。

ただ、梱包時の容器から飼育容器へ移す際、海水量は多いほうが水質悪化が遅くなっていいだろうという判断で、梱包容器の10倍はある大きな容器(前回飼育時よりも容量が大きい)に海水をたっぷり入れた状態で移動させたので、ほとんど店主様宅での飼育水から我が家の新海水へ全交換されてるような形となり、急激な水質変動でダメージを受けてしまったのかもしれません
以前はシャーレ内にプラヌロイドを見つけたらスポイトで吸ってポリプ飼育瓶に移す、なんてことをしててもプラヌロイドは死なずに増えていってたので、水温さえ同じならば周辺の水が全交換されても大丈夫に違いないと高をくくっていたのですが、それはあくまでも中身の大元が共通の海水だからという話であって、よそからやってきた全く別の水で育ったポリプにも通用する話ではなかったのかもしれません。

なお、ポリプ飼育瓶(ポリプは入っていませんが…)に入れたブラインは2日経っても生きているので、我が家の飼育水の水質そのものが海産生物の生きていけない死の水であるという線はなさそうです。
悪いのは水質そのものよりも水質の急激な変動ではないか、と考えています。
おそらくは比重の差ですかね。ブラインは我が家の飼育水で孵化したので、水質の差の影響を受けていないから無事…と推理しています。

再チャレンジ時はしばらくは梱包時の飼育水のみで様子を見て、数日かけてゆっくりゆっくりと我が家の海水を混ぜていって、まるでエビの水合わせのように慎重にやってみようと思います。

Re: ポリプの元気がない - 店主

2019/10/31 (Thu) 09:04:12

SK様。
やはり海水濃度だけが怪しいでしょうか。
ブラインシュリンプは急変さえなければ薄い方にも濃い方にも適応しますが薬品などには痕跡的な量でも敏感なはず。
再チャレンジいつでも承ります。
推理ゲームくらいの気楽な気持ちで挑んでいただければと存じます。輸送容器のままでも蓋開けて少し空を入れれば数日なら大丈夫、その間に謎解きを進めてください。



クラゲを飼育している方にお聞きしたいこと - 石川

2019/09/28 (Sat) 10:24:19

こんにちは。
お聞きしたいことがあるのですが、皆さまはクラゲのポリプを何種類飼育していますか?もし差し支えなければ名前やどのように採取、手に入れたのかお聞きしたいです。
よろしくお願いいたします。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.